花壇の花・・アンゲロニア

花名はラテン語のAngelos(天使)が由来で、アンゲロニア(=天使のような花)と呼ばれるように。

エンジェルラベンダーの名で流通していますが、ラベンダーの仲間ではありません。


2016-09-04アンゲロニア(1).png


オオバコ科、原産地は中南アメリカ・西インド諸島、草丈は30~100センチ、


2016-09-04アンゲロニア(2).png


開花期は6~10月、株元からたくさんの茎を伸ばし、穂状の花を次々と咲かせます。

花色は紫・ピンク・白・ブルー・複色などがあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月30日 14:11

こんにちわ。

私もたまに見かけることがあり。あいらしいお花だなと思っていました。名前を知ることができました。ありがとうございます。