冬囲いの赤い実・・コトネアスター

名前はラテン語のコトネア(マルメロ)とアスター(似て非なるも)からなり、マルメロに似て非なるものの意です。

コトネアスターは寒さに強く果実や紅葉が美しいので、庭園樹として用いられます。



2020-1-11コトネアスター(1).png



バラ科、原産地は中国西南部~ヒマラヤ、樹高は20~300センチ、



2020-1-11コトネアスター(2).png



果実観賞期は10~1月、秋から冬にかけて、枝にたくさん付いた小さな果実が赤く熟し樹を彩ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント