黄連騙(オウレンダマシ)・・仙洞草(セントウソウ)

和名の由来は、仙人の住む洞に咲くという説や先頭を切って咲くという説があります。

別名の黄連騙(オウレンダマシ)は、葉が芹葉黄連(セリバオウレン)に似ていることから。



2019-4-9セントウソウ(1).png



セリ科、北海道~九州の山野の林内や林縁などに生育、草丈は10~30センチ、



2019-4-9セントウソウ(2).png



開花期は3~5月、花茎を伸ばして先端に複散形花序をつけ、小さな白い花を咲かせます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント