花壇の花・・ブルーサルビア(サルビア・ファリナセア)

花名のブルーサルビアは、小さな青紫色の花をたくさん付ける姿から。

真夏の花が少ない時期に、貴重な青い花を咲かせてくれます。


2019-7-01サルビア(1).png


シソ科、原産地は北アメリカ、草丈は30~50センチ、


2019-7-01サルビア(2).png


開花期は5~10月、茎は直立し花穂は20センチ程で、小さな青紫色花をたくさんつけます。

花色は青のほか白花も流通しています。

アンゲロニア・・細葉アンゲロン草

花名はラテン語の天使(Angelos)が語源と言われています。

エンジェルラベンダーの名で流通していますが、ラベンダーの仲間ではありません。

和名は細葉アンゲロン草(ホソバアンゲロンソウ)と呼ばれています。


2019-7-13アンゲロニア(1).png



オオバコ科、原産地は中南アメリカ、草丈は30~100センチ、



2019-7-13アンゲロニア(2).png



開花期は6~10月、株元からたくさんの茎を伸ばし、穂状の花を次々と咲かせます。

花色は白・紫・ピンク・ブルーなどがあります。