海岸に咲く・・浜朴(ハマボウ)

和名の浜朴(ハマボウ)は、浜辺に生える朴の木(ホオノキ)を意味します。


河川改修や海浜部造成のため減少しており、絶滅危惧種に指定されつつあります。



2016-07-20ハマボウ(1).png



アオイ科、日本原産の野生のハイビスカス、樹高は1~3メートル、



2016-07-20ハマボウ(2).png



開花期は7~8月、花径6~10センチの5弁花で、花ビラの色は黄色で


つけ根は暗い紅色です。朝開いて夕方に咲き終える一日花です。



空き地に咲く・・筋擬宝珠(スジギボウシ)

葉に白い斑が入っているのが特徴で、名前の由来にもなっています。


自然雑種で、江戸時代から植栽されている園芸品種です。



2016-07-18スジギボウシ(1).png



ユリ科、園芸品種、草丈は50~100センチ、


斑の部分は葉緑素が欠け生育が不均一で、卵形の葉は波打っています。



2016-07-18スジギボウシ(2).png



開花期は6~8月、淡い紫色をした鐘状の花で、朝開いて夕方にはしぼみます。