里山に咲く・・蕗の薹(フキノトウ)

和名の蕗は、冬に黄色い花をつける⇒冬黄(フユキ)⇒略されて蕗(フキ)呼ばれるように。

蕗の薹は花の蕾のことで、蕗は地下茎から伸びる葉を指します。


2017-4-13フキノトウ(1).png


キク科、各地の里山から河川の河原などに自生、草丈は50~100センチ、


2017-4-13フキノトウ(2).png


開花期は2~3月、花色は雄花は黄白色、雌花は白っぽい花を咲かせます。

独特な芳香と苦味を香辛料として、早春の食材として天ぷら・和え物などに利用されています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年02月23日 13:36
こんにちわ。

わが家の庭の片隅にも
蕗の薹が咲いていることに今日、気づきました…
気持ちがなごみますね♪