花サフラン・・クロッカス

名前はギリシャ語のcroke(糸)に因み、雌しべが糸状に長く伸びることから。

別名の花サフランは、鑑賞目的で栽培されることから。



2021-2-21クロッカス(1).png



アヤメ科、原産地は地中海沿岸、草丈は10~20センチ、



2021-2-21クロッカス(2).png



開花期は2~4月、花は下の方が細長い筒状で、先端が6枚の花ビラになります。

花色は黄・白・紫・赤紫・藤色などがあり、網目状に模様が入る絞り咲きもあります。