ニオイコブシ・・田虫葉(タムシバ)

名前は葉を噛むと甘味がする⇒噛む紫⇒転じてタムシバとなりました。

別名をニオイコブシと呼ばれ、コブシと似ていて花に芳香があることから。



2017-4-11タムシバ(1).png



モクレン科、本州~九州の山地に生育、樹高は3~10メートル、



2017-4-11タムシバ(2).png



開花期は4~5月、花には芳香があり早春に白い6弁花を咲かせます。

スカンクキャベツ・・黄色水芭蕉(キイロミズバショウ)

黄色水芭蕉は仏炎苞の黄色に着目した和名です。

英名のスカンクキャベツは、花序が悪臭を放つことから。

北米の先住民は、古くから薬草として様々に利用してきました。



2016-4-24キイロミズバショウ.jpg



サトイモ科、原産地は北アメリカ太平洋岸に分布、草丈は30~100センチ、



2016-4-24キイロミズバショウ(2).png



開花期は4~6月、黄色い仏炎苞を持ちます。

里に咲く・・花海棠(ハナカイドウ)


名前は同種で実が付く実海棠(ミカイドウ)と区別するために

花が美しいので花海棠(ハナカイドウ)と呼ばれるようになりました。



2021-4-28ハナカイドウ(1).png



バラ科、原産地は中国、樹高は1・5~5メートル、



2021-4-28ハナカイドウ(2).png



開花期は4~5月、つぼみが赤く、花が開くと白っぽい薄紅色になります。

山野に咲く・・野原勿忘草(ノハラワスレナグサ)

学名はMyosotisalpestisで、alpestisは「亜高山の、草本帯の」の意味です。

園芸業界ではワスレナグサとして流通しています。



2017-4-11ノハラワスレナグサ(1).png



ムラサキ科、原産地のヨーロッパから渡来し野生化、草丈は20~50センチ、



2017-4-11ノハラワスレナグサ(2).png



開花期は3~5月、花色は薄青や鮮青などで、花径6~9ミリ程の小さな5弁花を咲かせます。

花冠の喉に黄色・白色の目を持ちます。

ジューンベリー・・亜米利加采振木(アメリカザイフリボク)

ジューンベリーは毎年6月(June)頃に、赤い果実が収穫期を迎えることから。

和名を亜米利加采振木と呼び、日本原産のザイフリボクや交配種を含む総称です。



2016-4-11ザイフリボク(1).jpg



バラ科ザイフリボク属、原産地は北アメリカ、樹高は2~8メートル、



2016-4-11ザイフリボク(2).png



開花期は4~5月、細長く5枚の白い花ビラをつけた花を咲かせます。

黒牡丹・・黒光司(コッコウツカサ)

唐の富豪の劉訓が牡丹観賞に人を招いたときに、門に水牛を多くつないでおいたところ

人々がそれをさして、「劉氏の黒牡丹だ」と称したという故事から。

牡丹で花が黒みがかったものをさします。


2016-4-25コッコウツカサ(1).png


ボタン科、原産地は中国、園芸品種、樹高は50~150センチ、


2016-4-25コッコウツカサ(2).png


開花期は4~5月、深い暗紅色の花ビラをした、八重咲きの中輪品種です。

草地に咲く・・洋種翁草(ヨウシュオキナグサ)

和名の翁草は果実に白く長い毛があり、その姿を翁の頭にたとえたものです。

ヨーロッパ原産の多年草で、ロックガーデン栽培に適した山野草です。



2017-4-11ヨウシュオキナグサ(1).png



キンポウゲ科オキナグサ属、原産地はヨーロッパ、草丈は30~40センチ、



2017-4-11ヨウシュオキナグサ(2).png



開花期は4~5月、花ビラのように見えるのは萼です。

花色は基本色は青~紅紫色ですが、園芸品種は白・黒紅色などがあります。

二季咲き桜・・アーコレード

イギリスで作出された桜で、名前は英語の「Accolade(称賛)」に由来します。

イギリスでは春の開花ですが、日本では春の4月頃と秋の11月頃の2季咲きです。


2016-4-1アーコレード(1).png


バラ科、コヒガンザクラとオオヤマザクラの交配種、樹高は5~10メートル、


2016-4-1アーコレード(2).png


開花期は4月頃と11月頃の2季咲き、花色は淡い紅色の半八重咲きです。

ジョージアブルー・・ベロニカ・オックスフォードブルー

名前はイギリスのオックスフォード大学のスクールカラーに由来しています。

別名のジョージアブルーは、原種がジョージア国(グルジア国)の辺りに分布していることから。


2017-4-11オックスフォードブルー(1).png


ゴマノハグサ科、原産地はヨーロッパ、草丈は5~20センチ、


2017-4-11オックスフォードブルー(2).png


開花期は4~5月、花径1センチ程の小さくて濃いブルーの花をたくさん咲かせます。

里に咲く・・花水木(ハナミズキ)

花水木はミズキの仲間で、花が目立つので名付けられました。

1912年東京市がアメリカに桜を贈り、その返礼として贈られたのが始まりです。



2016-4-23ハナミズキ(1).png



ミズキ科、原産地は北アメリカ東部、樹高は3~7メートル、



2016-4-23ハナミズキ(2).png



開花期は4~5月、白色や薄いピンク色の花を付けます。

花ビラのように見えるのは苞で、花の本体は中心に丸く集まった部分です。

山地に咲く・・黄花碇草(キバナイカリソウ)

名前は花が黄色いイカリソウの意味です。

主に日本海側の山地に生える多年草で、強壮剤としても使用された植物です。



2019-4-9キバナイカリソウ(1).png



メギ科、近畿以北の日本海側~北海道の山地に分布、草丈は20~50センチ、



2019-4-9キバナイカリソウ(2).png



開花期は4~5月、葉の下側に淡黄色の4枚の花弁が距を突き出し、錨のような花を咲かせます。

里山に咲く・・細葉石楠花(ホソバシャクナゲ)

細葉石楠花はツツジ科の低木で、葉が細長いシャクナゲです。

園芸品種が作出されていますが、自生地では絶滅危惧Ⅱ類に指定。



2016-4-11ホソバシャクナゲ(1).png



ツツジ科ツツジ属、愛知と静岡県境の山地に生育、樹高は50~180センチ、



2016-4-11ホソバシャクナゲ(2).png



開花期は4~5月、花冠は漏斗形で花径3~5センチで5裂し

淡い紅色や白色の花を咲かせます。

紫雲英(ゲンゲ)・・蓮華草(レンゲソウ)

蓮華草は輪になって咲く姿を、蓮(ハス)の花に見立てたことから。

正式和名は紫雲英で一面に咲いている様子が、紫色の雲が広がっているように見えることから。



2020-4-15レンゲソウ(1).png



マメ科ゲンゲ属、田んぼの畦道などに生育、草丈は10~30センチ、



2020-4-15レンゲソウ(2).png



開花期は4~5月、茎先に紅紫色の蝶形をした花が輪になってつきます。

白琉球(シロリュウキュウ)・・琉球躑躅(リュウキュウツツジ)

和名の由来は、琉球を経由して広まったことから。

別名の白琉球(シロリュウキュウ)は、花の色は白く大輪の花であることから。


2020-5-13リュウキュウツツジ(1).png


ツツジ科、キシツツジとモチツツジの交雑種、樹高は1~2メートル、


2020-5-13リュウキュウツツジ(2).png


開花期は4~5月、花色は白色で、花径5~6センチの漏斗形で先が5つに裂けます。


プリムラ・ジュリエ・・深山桜草(ミヤマサクラソウ)

プリムラ・ジュリエはプリムラ・ジュリアンの交配親で、小さな可愛い花を咲かせる系統です。

プリムラの原種で、深山桜草(ミヤマサクラソウ)と呼ばれることもあります。



2017-4-11プリムラ・ジュリエ(1).png



サクラソウ科、原産地はコーカサス地方、草丈は5~10センチ、



2017-4-11プリムラ・ジュリエ(2).png



開花期は3~4月、小さな赤紫色の花の草姿で野趣があります。

岩八手(イワヤツデ)・・丹頂草(タンチョウソウ)

名前は、花を丹頂鶴の頭、茎を首、葉姿を羽に見立てたものです。

別名の岩八手(イワヤツデ)は、葉っぱがヤツデの葉に似て、岩場に生えることから。



2020-4-11タンチョウソウ(1).png



ユキノシタ科、原産地は中国東北部~朝鮮半島、草丈は10~20センチ、



2020-4-11タンチョウソウ(2).png



開花期は4~5月、花茎を伸ばし、頂部に花径5ミリ程の白い花がたくさん咲きます。



日本牡丹・・太陽(タイヨウ)

牡丹の名前の由来は、結実するのに根から生えている雄を意味する「牡」と

花色の赤を意味する「丹」が合わさって「牡丹」と称されるようになりました。

牡丹は絹のような大きく薄い花ビラを幾重にも重ね、毬のような花姿が美しい花です。



2016-4-25日本牡丹太陽(1).png



ボタン科、原産地は中国、園芸品種、樹高は50~150センチ、



2016-4-25日本牡丹太陽(2).png



開花期は4~5月、濃い赤色の花ビラをした、八重咲きの大輪品種です。

山野の黄金花・・八重山吹(ヤエヤマブキ)

名前は枝が細くて風に揺れやすい⇒山振り⇒山吹と転訛したものです。

八重咲きの八重山吹は、庭園や庭木として広く栽培される品種です。



ヤエヤマブキ(1)2016-4-24.png



バラ科、日本全国に生育する落葉低木、樹高は1~2メートル、



ヤエヤマブキ(2)2016-4-24.png



開花期は4~5月、花径は3~5センチで黄金色の八重咲きです。

ムスカリ・コモサム・・ハネムスカリ

ムスカリ・コモサムは和名をハネムスカリと呼び、花が長く縮れて花姿が羽毛のように見えます。

園芸品種のプルモーサムが有名で、長く縮れた花姿から羽毛ムスカリとも呼ばれます。



2016-5-9ハネムスカリ(1).png



ユリ科ムスカリ属、原産地は地中海沿岸・南西アジア、草丈は20~60センチ、



2016-5-9ハネムスカリ(2).png



開花期は4~5月、花色は薄紫色で羽毛状の細い花ビラの花をつけます。

里に咲く・・柴木蓮(シモクレン)

名前は花の色が濃い紫紅色をした木蓮⇒柴木蓮と名付けられました。

一般的に木蓮は柴木蓮を指し、古くから庭木などに親しまれてきました。



2016-4-11シモクレン(1).png



モクレン科、原産地は中国、樹高は3~5メートル、



2016-4-11シモクレン(2).png



開花期は3~4月、花ビラの外側が赤紫、内側は白色になります。

ミニチューリップ・・ライラック・ワンダー

名前はライラック色の花ビラで、中心が黄色に染まる可愛らしい花姿から。

別名のミニチューリップは、草丈が低く球根も小振りなことから。



2020-4-11ライラック・ワンダー(1).png



ユリ科の球根植物、品種改良された園芸品種、草丈は10~20センチ、



2020-4-11ライラック・ワンダー(2).png



開花期は4~5月、ピンク色の星形の可愛らしい花を咲かせる遅咲き種です。

里山に咲く・・越の彼岸桜(コシノヒガンザクラ)

越の彼岸桜は、野生種のキンキマメザクラとエドヒガンが自然に交配して生まれたものです。

昭和4年植物学者小泉源一が、北陸特有の新品種として命名しました。



2016-4-3コシノヒガンザクラ(1).png



バラ科サクラ属、富山県南砺市に自生地、樹高は20~25メートル、



2016-4-3コシノヒガンザクラ(2).png



開花期は3月下旬~4月、花は淡い紅色の一重咲きで、萼筒は球状にふくらんでいます。

山地に咲く・・西国三葉躑躅(サイゴクミツバツツジ)

名前は枝先に葉が3枚輪生し、九州中部に多く分布することから。

日本固有種で熊本県の阿蘇山から、宮崎県にかけての山地に生育。



2020-4-11サイゴクミツバツツジ(1).png



ツツジ科、宮崎県・熊本県の山地の林内や岩場に生育、樹高は1・5~2メートル、



2020-4-11サイゴクミツバツツジ(2).png



開花期は4~5月、葉の展開前に、紅紫色の花を咲かせます。

花冠は漏斗形で花径3~4センチ、上側内面に濃い斑点があり、5裂します。

笑窪花(エクボバナ)・・蜆花(シジミバナ)

和名は花の様子をシジミの中身にたとえたものです。

別名の笑窪花(エクボバナ)は、花の真ん中の窪みを笑窪に見立てたものです。



2020-4-15シジミバナ(1).png



バラ科シモツケ属、古い時代に中国から渡来、樹高は1~1・5メートル、



2020-4-15シジミバナ(2).png



開花期は4~5月、枝一杯に白い八重の小花がつきます。

中心部がへこんでいます。

山野に咲く・・猩々袴(ショウジョウバカマ)

花を猩々(空想上の生き物)の顔に、放射状の葉っぱを袴に見立てたものです。

花の色が猩々の赤い髪や、緋色の袴の色に似ていることから・・諸説あります。



2017-4-13ショウジョウバカマ(1).png



ユリ科、山地の谷沿いや湿った林野に自生、草丈は20~30センチ、



2017-4-13ショウジョウバカマ(2).png



開花期は3~4月、花色は赤紫色が多く、花茎の先端に数輪の花を横向きにつけます。

里に咲く・・チューリップ

学名のTulipaはペルシャ古語tulipan(頭巾)が語源で、花が頭巾に似ていることから。

子供が最初に描く花、最初に覚える歌として親しまれています。



2017-4-23チューリップ(1).png



ユリ科、原産地はトルコ~中央アジア、園芸品種、草丈は40~80センチ、



2017-4-23チューリップ(2).png



開花期は3~5月、花色は豊富で花弁は先端が丸いもの・尖ったもの・フリル状のものもあります。

咲き方は一重咲きや八重咲きもあります。富山県・新潟県の県花です。

里に咲く・・更紗木蓮(サラサモクレン)

中国原産の柴木蓮(シモクレン)と白木蓮(ハクモクレン)の種間交雑種です。

早春新緑が芽生える前に、気品の漂う美しい花を一斉に咲かせます。



2016-4-1サラサモクレン(1).png



モクレン科モクレン属、原産地は中国、樹高は6~10メートル、



2016-4-1サラサモクレン(2).png



開花期は3~4月、花は白木蓮に似ていて丸みを帯びます。

花色はピンク色が多いですが、白花や紫花もあります。

糸葉水仙(イトバスイセン)・・黄水仙(キズイセン)

黄水仙は細く丸い葉は直立し、イグサ状から糸葉水仙とも呼ばれます。

強い香りがするので、匂い水仙(ニオイスイセン)とも言われています。



(1)2016-4-11キズイセン.png



ヒガンバナ科、ヨーロッパ原産で江戸時代に渡来、草丈は20~40センチ、



2016-4-11キズイセン(2).png



開花期は3~4月、6枚の花ビラとカップ状の副花冠は鮮やかな黄色で

花を横向きに付けます

里に咲く・・八重枝垂れ桜(ヤエシダレザクラ)

江戸彼岸(エドヒガン)の枝垂れ性の園芸品種で、八重咲きをする枝垂れ桜です。

桜の花言葉の「優美な女性」は、サクラのしとやかな美しさを女性に例えたものです。



2016-4-11ヤエシダレザクラ(1).png



バラ科サクラ属、本州~九州に分布、樹高は5~15メートル、



2016-4-11ヤエシダレザクラ(2).png



開花期は4月、花色は白か淡い紅色で小輪の八重咲きです。

グレープヒヤシンス・・ムスカリ

ムスカリはギリシャ語で麝香(ジャコウ)に因み、ある種の花が強い芳香を放つことから。

英名のグレープヒヤシンスは、花姿がブドウの房のように見えることから。



2020-4-9ムスカリ(1).png



ユリ科、原産地は地中海沿岸~南西アジア、草丈は10~30センチ、



2020-4-9ムスカリ(2).png



開花期は3~5月、壺形や長楕円形の花を、花茎にたくさん咲かせます。

花色は青紫・白・黄・黄緑などがあり、斜め下~下向きにつきます。

湿地に咲く・・水芭蕉(ミズバショウ)

名前は葉の形が芭蕉に似ていて、水辺に生えることから。

根際から生える葉は、幅の狭い楕円形をしています。



2017-4-13ミズバショう(1).png



サトイモ科、北海道~中部地方の山地の湿地に生育、草丈は30~80センチ、



2017-4-13ミズバショウ(2).png



開花期は4~7月、白いのは花ではなく仏炎苞で、花は中心部の黄色い部分についています

庭に咲く・・源平枝垂れ桃(ゲンペイシダレモモ)

名前は赤と白や斑入りの3色が、競い合うように咲く姿が

源平の合戦のようで、枝垂れ性があることから。



2020-4-9ゲンペイシダレモモ(1).png



バラ科、原産地は中国で江戸時代に品種改良された園芸品種、樹高は1・5~3メートル、



2020-4-9ゲンペイシダレモモ(2).png



開花期は3月下旬~4月、1本の木に紅色と白色・紅白の絞り模様の八重咲きの花を咲かせます。

黄連騙(オウレンダマシ)・・仙洞草(セントウソウ)

和名の由来は、仙人の住む洞に咲くという説や先頭を切って咲くという説があります。

別名の黄連騙(オウレンダマシ)は、葉が芹葉黄連(セリバオウレン)に似ていることから。



2019-4-9セントウソウ(1).png



セリ科、北海道~九州の山野の林内や林縁などに生育、草丈は10~30センチ、



2019-4-9セントウソウ(2).png



開花期は3~5月、花茎を伸ばして先端に複散形花序をつけ、小さな白い花を咲かせます。

源氏車(ゲンジグルマ)・・菊桃(キクモモ)

名前は花弁が細長く菊の花に似ていることから。

別名の源氏車(ゲンジグルマ)は、花の形が源氏車の紋に似ていることから。



2016-4-11キクモモ(1).png



バラ科、江戸時代に中国より渡来し改良された園芸品種、樹高は3~5メートル、



2016-4-11キクモモ(2).png



開花期は3月下旬~4月、濃い紅色の菊の花に似た八重咲きです。

里山に咲く桜・・江戸彼岸(エドヒガン)

和名は江戸で彼岸のころに咲くことから。

野生種の一つで寿命が長く、萼筒の形が丸い壺形なのが特徴です。



2016-4-3エドヒガン(1).png



バラ科サクラ属、本州~九州の山地や平地に生育、樹高は10~25メートル、



2016-4-3エドヒガン(2).png



開花期は3~4月、花色は淡い紅色で花ビラは5枚の小輪一重咲きです。

里山に咲く・・雪端椿(ユキバタツバキ)

雪端椿は多雪地帯に自生することから名付けられました。

日本には藪椿と雪椿が自生しますが、本種は中間的な存在となります。



2017-4-11ユキバタツバキ(1).jpg



ツバキ科、東北~北陸の日本海側の里山に自生、樹高は1~2メートル、



2017-4-11ユキバタツバキ(2).png



開花期は3~4月、枝先の葉脇に花径5~8センチ程の赤色の花を付けます。

一番躑躅(イチバンツツジ)・・三葉躑躅(ミツバツツジ)

名前は開花後、枝先に菱形の3枚葉を出すことから。

別名の一番躑躅(イチバンツツジ)は、開花時期が通常のツツジと比べ早いことから。

常緑性のツツジよりも、一足先に上品な紅紫色の花を咲かせます。



2016-4-24ミツバツツジ(1).png



ツツジ科、関東~近畿の雑木林に生育、樹高は1~3メートル、



2016-4-24ミツバツツジ(2).png



開花期は3~4月、葉を出す前に鮮やかな紅紫色の花を咲かせます。

里に咲く・・源平桃(ゲンペイモモ)

源平桃は一本の木から、ピンク色と白色の花が咲きます。

一輪の花が白とピンクが、交じった絞り模様になる花もあります。



2016-4-11ゲンペイモモ(1).png



バラ科、園芸品種、樹高は3~5メートル、



2016-4-11ゲンペイモモ(2).png



開花期は3~4月、花色はピンク色や白色などで八重咲きです。

小米花(コゴメバナ)・・雪柳(ユキヤナギ)

和名は細い枝に白い可愛らしい小花が、雪のように降り積もって見えることから。

別名の小米花(コゴメバナ)は、散った白い花ビラが米を撒いたように見えることから。



2016-3-22ユキヤナギ(1).png



バラ科、原産地は日本・中国、樹高は1~2メートル、



2016-3-22ユキヤナギ(2).png



開花期は3~4月、花色は純白で枝を埋めるほどびっしりと咲きます。

雅桜(ミヤビザクラ)・・プリンセス雅(ミヤビ)

埼玉県浦和市で発見され、当時皇太子妃雅子様の御成婚記念に名付けられた桜です。

春の訪れを知らせる雅な花木で、記念樹やシンボルツリーとして植えられています。



2016-4-1ミヤビザクラ(1).png



バラ科、寒緋桜(緋寒桜)と多種の自然交配種、樹高は5~10メートル、



2016-4-1ミヤビザクラ(2).png



開花期は3~4月、花色は鮮やかな紅色で一重咲き、やや下向きに上品な花を咲かせます。

草原に咲く・・喇叭水仙(ラッパスイセン)

花名は内側の花被片が、ラッパのように突き出ている花姿から。

ラッパ水仙は、ラッパ状の副花冠が花弁の長さと同じか、それ以上のものを指します。



2016-3-15ラッパスイセン(1).png



ヒガンバナ科、原産地はイベリア半島~フランス、草丈は20~40センチ、



2016-3-15ラッパスイセン(2).png



開花期は3~4月、花は黄色~白色で、副花冠がラッパのように長くなります。

里に咲く花桃・・関白(カンパク)

花桃は花を楽しむために品種改良された園芸品種です。

関白(カンパク)は白い花の代表的な品種で、早や咲きの八重です。



2016-4-1カンパク(1).png



バラ科、園芸作出品種、樹高は3~5メートル、



2016-4-1カンパク(2).png



開花期は3~4月、花は純白の八重咲きです。

プリムラ・マラコイデス・・化粧桜(ケショウザクラ)

属名のプリムラはラテン語のプリムス(最初の)の意味で、早春に花を咲かせることから。

和名の化粧桜は、葉裏や茎が白い粉をかぶったように見えることから。



2017-2-26ケショウザクラ(1).png



サクラソウ科、原産地は中国、草丈は20~50センチ、



2017-2-26ケショウザクラ(2).jpg



開花期は2~4月、花茎を伸ばして段状にたくさんの花をつけます。

花色はピンク・淡い紫・白色などがあります。

里に咲く・・小彼岸桜(コヒガンザクラ)

小彼岸桜は春の彼岸の頃に開花し、小高木であることから。

エドヒガンとマメザクラの種間交雑種とも、言われています。



2016-4-1コヒガンザクラ(1).png



バラ科、東北地方~四国・九州に分布、樹高は3~5メートル、



(2)2016-4-1コヒガンザクラ.png



開花期は3月下旬~4月、花は淡い紅色の5弁花で、蕾のときは鮮やかな紅色です。

スノーフレーク・・鈴蘭水仙(スズランズイセン)

英語名のスノーフレークは、「雪のかけら」の意味で真っ白な花姿から。

和名の鈴蘭水仙は、花がスズランのようで葉がスイセンに似ていることから。


2016-4-1スノーフレーク(1).png


ヒガンバナ科、原産地は中国ヨーロッパ、草丈は20~50センチ、


2016-4-1スノーフレーク(2).png


開花期は3~4月、スズランのようなベル形の花を下向きに咲かせます。


2016-4-1スノーフレーク(3).png


白い花弁の先端に緑色の斑点が入ります。