里に咲く・・更紗木蓮(サラサモクレン)

中国原産の柴木蓮(シモクレン)と白木蓮(ハクモクレン)の種間交雑種です。

早春新緑が芽生える前に、気品の漂う美しい花を一斉に咲かせます。



2016-4-1サラサモクレン(1).png



モクレン科モクレン属、原産地は中国、樹高は6~10メートル、



2016-4-1サラサモクレン(2).png



開花期は3~4月、花は白木蓮に似ていて丸みを帯びます。

花色はピンク色が多いですが、白花や紫花もあります。

糸葉水仙(イトバスイセン)・・黄水仙(キズイセン)

黄水仙は細く丸い葉は直立し、イグサ状から糸葉水仙とも呼ばれます。

強い香りがするので、匂い水仙(ニオイスイセン)とも言われています。



(1)2016-4-11キズイセン.png



ヒガンバナ科、ヨーロッパ原産で江戸時代に渡来、草丈は20~40センチ、



2016-4-11キズイセン(2).png



開花期は3~4月、6枚の花ビラとカップ状の副花冠は鮮やかな黄色で

花を横向きに付けます