庭に咲く・・源平枝垂れ桃(ゲンペイシダレモモ)

名前は赤と白や斑入りの3色が、競い合うように咲く姿が

源平の合戦のようで、枝垂れ性があることから。



2020-4-9ゲンペイシダレモモ(1).png



バラ科、原産地は中国で江戸時代に品種改良された園芸品種、樹高は1・5~3メートル、



2020-4-9ゲンペイシダレモモ(2).png



開花期は3月下旬~4月、1本の木に紅色と白色・紅白の絞り模様の八重咲きの花を咲かせます。

黄連騙(オウレンダマシ)・・仙洞草(セントウソウ)

和名の由来は、仙人の住む洞に咲くという説や先頭を切って咲くという説があります。

別名の黄連騙(オウレンダマシ)は、葉が芹葉黄連(セリバオウレン)に似ていることから。



2019-4-9セントウソウ(1).png



セリ科、北海道~九州の山野の林内や林縁などに生育、草丈は10~30センチ、



2019-4-9セントウソウ(2).png



開花期は3~5月、花茎を伸ばして先端に複散形花序をつけ、小さな白い花を咲かせます。

源氏車(ゲンジグルマ)・・菊桃(キクモモ)

名前は花弁が細長く菊の花に似ていることから。

別名の源氏車(ゲンジグルマ)は、花の形が源氏車の紋に似ていることから。



2016-4-11キクモモ(1).png



バラ科、江戸時代に中国より渡来し改良された園芸品種、樹高は3~5メートル、



2016-4-11キクモモ(2).png



開花期は3月下旬~4月、濃い紅色の菊の花に似た八重咲きです。

里山に咲く桜・・江戸彼岸(エドヒガン)

和名は江戸で彼岸のころに咲くことから。

野生種の一つで寿命が長く、萼筒の形が丸い壺形なのが特徴です。



2016-4-3エドヒガン(1).png



バラ科サクラ属、本州~九州の山地や平地に生育、樹高は10~25メートル、



2016-4-3エドヒガン(2).png



開花期は3~4月、花色は淡い紅色で花ビラは5枚の小輪一重咲きです。

里山に咲く・・雪端椿(ユキバタツバキ)

雪端椿は多雪地帯に自生することから名付けられました。

日本には藪椿と雪椿が自生しますが、本種は中間的な存在となります。



2017-4-11ユキバタツバキ(1).jpg



ツバキ科、東北~北陸の日本海側の里山に自生、樹高は1~2メートル、



2017-4-11ユキバタツバキ(2).png



開花期は3~4月、枝先の葉脇に花径5~8センチ程の赤色の花を付けます。

一番躑躅(イチバンツツジ)・・三葉躑躅(ミツバツツジ)

名前は開花後、枝先に菱形の3枚葉を出すことから。

別名の一番躑躅(イチバンツツジ)は、開花時期が通常のツツジと比べ早いことから。

常緑性のツツジよりも、一足先に上品な紅紫色の花を咲かせます。



2016-4-24ミツバツツジ(1).png



ツツジ科、関東~近畿の雑木林に生育、樹高は1~3メートル、



2016-4-24ミツバツツジ(2).png



開花期は3~4月、葉を出す前に鮮やかな紅紫色の花を咲かせます。