スノーフレーク・・鈴蘭水仙(スズランズイセン)

英語名のスノーフレークは、「雪のかけら」の意味で真っ白な花姿から。

和名の鈴蘭水仙は、花がスズランのようで葉がスイセンに似ていることから。


2016-4-1スノーフレーク(1).png


ヒガンバナ科、原産地は中国ヨーロッパ、草丈は20~50センチ、


2016-4-1スノーフレーク(2).png


開花期は3~4月、スズランのようなベル形の花を下向きに咲かせます。


2016-4-1スノーフレーク(3).png


白い花弁の先端に緑色の斑点が入ります。

春の七草・・繁縷(ハコベ)

繁縷は漢名で、茎に白い筋「縷(る)」があることから。

春の七草の一つで栄養価に富み食用に、炒った粉に塩を混ぜて歯磨き粉に用いられました。



2021-2-25ハコベ(1).png



ナデシコ科、田畑や畦道・道端・荒れ地などに分布、草丈は10~20センチ、



2021-2-25ハコベ(2).png



開花期は2~9月、茎のつけ根に、花ビラが深く二つに裂けた小さな白い5弁花をつけます。

早春に咲く・・菜の花(ナノハナ)

和名の菜の花の菜は食用を意味し、食用の花という意味です。

菜の花は、アブラナやセイヨウアブラナの別名で、アブラナ科アブラナ属の植物も指します。

春を代表する花の一つで、花を観賞するほか野菜として食用にもされます。



2016-3-22ナノハナ(1).png



アブラナ科、原産地はヨーロッパ・東アジア、草丈は50~80センチ、



2016-3-22ナノハナ(2).png



開花期は2~5月、茎の上の方で枝分かれして、先端に黄色い花をまとめて咲かせます。

草原に咲く・・土筆(ツクシ)

漢字表記の土筆は、ツクシが土に刺した筆のような姿をしていることから。

ツクシとはトクサ科の植物スギナの胞子茎のことを指し、食用にもなります。

スギナは春にツクシを出して胞子を放出し、後に鮮やかな緑色の栄養茎を伸ばします。



20213-18ツクシ(1).png



トクサ科、各地の草原や田畑の畔などに生育、草丈は5~15センチ、



2021-3-18ツクシ(2).png



春に茎頂に胞子を含んだ穂が付き、節の周りには袴と呼ばれる茶色い葉が付きます。

安行寒桜(アンギョウカンザクラ)・・大寒桜(オオカンザクラ)

大寒桜は寒桜よりも花がやや大きい(花径3センチ程)ことから。

別名の安行寒桜(アンギョウカンザクラ)は、発祥地である埼玉県の安行に因みます。



2016-4-3オオカンザクラ(1).png



バラ科、寒緋桜と大島桜(あるいは山桜)の交雑種、樹高は5~10メートル、



2016-4-3オオカンザクラ(2).png



開花期は3月下旬~4月、花色は薄紅色の一重の五弁花で、半開状でやや下向きに咲きます。

里に咲く・・白木蓮(ハクモクレン)

白木蓮はモクレンの仲間で、真っ白な花が春の訪れを告げる落葉高木です。

花が開くと上品な香りが漂い、見る人の心を和ませてくれます。



2016-4-1ハクモクレン(1).png



モクレン科モクレン属、古い時代に中国から渡来、樹高は5~15メートル、



2016-4-1ハクモクレン(2).png



開花期は3~4月、白い清楚な花で、花ビラの幅が広く厚みがあります。