里山に咲く・・土佐水木(トサミズキ)

名前は土佐の蛇紋岩地帯が原産で、葉の形がミズキ科の樹木に似ていることから。

早春から明るい黄色い花を咲かせ、古くから庭木や盆栽・切り花として親しまれてきました。



2016-3-22トサミズキ(1).png



マンサク科、高知県の固有種、樹高は1~4メートル、



2016-3-22トサミズキ(2).png



開花期は3~4月、丸みのある黄白色の小花が連なり花序になって下垂します。

生け垣の桜・・染井吉野(ソメイヨシノ)

江戸末期~明治初期に、染井村の植木職人が品種改良をして作出されました。

作出当初は吉野桜⇒染井村が起源⇒染井吉野と名付けられました。



2016-4-1ソメイヨシノ(1).png



バラ科、江戸彼岸桜と大島桜の交配種、樹高は10~15メートル、



2016-4-1ソメイヨシノ(2).png



開花期は3~5月、花色は淡いピンク色で3~4個の花が集まって咲きます。



フォーサイシア・・連翹(レンギョウ)

花名は漢名の連翹を音読みしたものです。 但し中国ではトモエソウを指します。

学名のフォーサイシアは、イギリス人園芸家ウイリアム・フォーサイスの名に因みます。

花後に付ける実は漢方医学に利用され、解熱や消炎・鎮痛などに効果があります。



2016-4-1レンギョウ(1).png



モクセイ科、原産地は中国、樹高は1~3メートル、



2016-4-1レンギョウ(2).png



開花期は3~4月、花色は黄色の4弁花で細い枝一杯に咲き乱れます。

田打桜(タウチザクラ)・・辛夷(コブシ)

名前は蕾が開く直前の形が、子供の握りこぶしに似ていることから。

別名の田打桜(タウチザクラ)は、昔はコブシが咲く頃に田植えを始めたことから。

蕾を乾燥させたものを生薬で辛夷(シンイ)と呼び、鎮痛剤として利用されます。



2016-3-28コブシ(1).png



モクレン科モクレン属、北海道~九州の山地に自生、樹高は5~18メートル、



2016-3-28コブシ(2).png



開花期は3~4月、葉が出る前に、芳香のある白い大きなへら形の6弁花の花をたくさん咲かせます。

ヒパティカ・・三角草(ミスミソウ)

和名の三角草は三角形の葉に因みます。

別名の雪割草は、早春に雪を割るようにして花を咲かせることから。

英名のヒパティカは、ラテン語の「hepaticus(肝臓)」が語源で3裂した葉の形から。



2017-3-19ミスミソウ(1).png



キンポウゲ科、山地の斜面や落葉広樹林の林床に生育、草丈は10~25センチ、



2017-3-19ミスミソウ(2).png



開花期は2~4月、花色も豊富で咲き方もバラエティーに富みます。

野に咲く花・・踊子草(オドリコソウ)

名前は花の形が笠をかぶった、踊子達が並んだ姿に似ていることから。

若葉は食用になり、根は薬用になります。



2017-2-25オドリコソウ(1).png



シソ科、北海道~九州の山野や道端に分布、草丈は30~50センチ、



2017-2-25オドリコソウ(2).png



開花期は3~6月、花色は白色またはピンク色で、唇形の花が数個茎の周りに並んでつきます。

早春の蕾・・白木蓮(ハクモクレン)

白木蓮は白花のモクレン属の植物です。

木蓮よりも大きく、たくさんの白い小鳥が枝にとまっているように見える花姿が独特です。



2016-3-28ハクモクレン(1).png



モクレン科モクレン属、原産地は中国、樹高は10~15メートル、



2016-3-28ハクモクレン(2).png



開花期は3~4月、新葉が出る前に、大型で厚みのある白い卵形の花を上向きにたくさん咲かせます。