テーマ:

ポンテデリア・コルダタ・・長葉水葵(ナガバミズアオイ)

ポンテデリアは南北アメリカの淡水の湿原・沼地に自生する水生植物です。 コルダタはその中の一種で、和名でナガバミズアオイと呼ばれています。 ミズアオイ科、原産地は北米南部、草丈は80~100センチ、 開花期は6~9月、花はブルーで穂状にたくさんつけます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑に咲く・・蕎麦(ソバ)

穀類の中でも育てやすく、蕎麦の実をひいて粉にし蕎麦・パンなどを作ります。 純白の可憐な花姿とは逆に、強烈な香りを放ちます。 タデ科、原産地は中国、草丈は60~130センチ、 収穫期は9~11月、茎の先端に総状花序を出し、6ミリほどの白い小花を多数つけます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コットン・・綿(ワタ)

属名のゴッシピウムは、綿のラテン語ゴシッピオンが語源といわれています。 花後にできる綿のはじけた姿がユニークで、切り花・ドライフラワーに利用されています。 アオイ科、原産地は熱帯・亜熱帯、草丈は80~150センチ、 開花期は7~9月、ハイビスカスに似た花を咲かせます。 花後は紡錘形に膨らん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林縁に咲く・・白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)

白花彼岸花は、白い花を咲かせるヒガンバナという意味です。白花彼岸花又は白花曼珠沙華は、黄色のショウキランと赤の彼岸花の雑種といわれています。 ヒガンバナ科、原産地は日本・中国、草丈は30~60センチ、 開花期は9月、花茎を長く伸ばして、先端に数輪の花を放射状に咲かせます。花色は白色で細長く縁がよじれて大きく反り返ります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒れ地に咲く・・雌待宵草(メマツヨイグサ)

和名の待宵草(マツヨイグサ)は宵を待って咲く⇒雌待宵草はやや小形の待宵草の意味です。別名の荒地待宵草(アレチマツヨイグサ)は、荒れ地や道端などに生育することから。 アカバナ科、原産地は北アメリカ、明治後期に渡来し野生化、草丈は30~160センチ、 開花期は7~9月、花径2~5センチの小さな黄色い鮮やかな4弁花を咲かせます。花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野に咲く花・・秋の忘れ草(アキノワスレグサ)

別名を常葉萱草(トキワカンゾウ)、沖縄方言でクワンソウーと呼びます。 根茎は不眠症・食欲不振などに効き、蕾や葉・根などは味噌汁などに利用されます。 ユリ科、近畿地方南部から沖縄に分布、草丈は60~80センチ、 開花期は9~11月、茎先に花被片6枚の黄橙色をした漏斗状の花を付けます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴船菊(キブネギク)・・秋明菊(シュウメイギク)

秋明菊の名は、9~10月の秋の真っ盛りな時期に開花することから。 別名の貴船菊(キブネギク)は、京都の貴船で多く見られたことから。 キンポウゲ科、古い時代に中国から渡来し野生化、草丈は50~100センチ、 開花期は8~10月、白花種は花ビラにふっくらした丸みがあり ガク片の枚数は少ないのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リコリス・スプレンゲリー・・ムラサキキツネノカミソリ

スプレンゲリーの別名はムラサキキツネノカミソリで、紫桃色の中輪の花は 青みを帯びた花色が特徴で、夏の終わりから咲き出します。 いろいろなリコリスの園芸品種の原種に使われています。 ヒガンバナ科、人里近くの山野・草原に自生、草丈は40~60センチ、 開花期は8~9月、開花期は葉が無く、花は付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

活き草(イキグサ)・・大弁慶草(オオベンケイソウ)

弁慶草は繁殖力が旺盛で、その強さを弁慶にたとえて名付けられました。 別名の活き草(イキグサ)は、繁殖力と生命力が強いことから呼ばれていました。 ベンケイソウ科、原産地は中国・朝鮮半島、草丈は30~60センチ、 開花期は9~10月、小さな赤紫~ピンクの花をたくさんつけた花序を咲かせます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沢に咲く・・沢桔梗(サワギキョウ)

名前は沢に生える桔梗(キキョウ)ということから。 古来より各地に自生し、毒草で非常に危険なため多量に口にしてはいけません。 キキョウ科、山野の湿った草原に自生、草丈は40~100センチ、 開花期は8~9月、茎を長く直立させ濃い青紫色の花穂をつけます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チトニア・・メキシコヒマワリ

チトニアの名前は、ギリシャ神話に出てくる若者ティトヌスに由来します。 別名はメキシコヒマワリですが、ヒマワリの仲間ではありません。 キク科、原産地は中央アメリカ・メキシコ、草丈は1~2メートル、 開花期は7~9月、花茎の先端に、花径10~20センチの濃いオレンジ色の花が咲きます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角虎の尾(カクトラノオ)・・花虎の尾(ハナトラノオ)

和名は花穂を虎の尾に見立て、花虎の尾と呼ぶようになりました。 別名の角虎の尾(カクトラノオ)は、茎が四角で花穂が尻尾のようなことから。 シソ科、原産地は北アメリカ、大正時代に渡来し野生化草丈は40~100センチ、 開花期は7~9月、花色はピンクと白色があり、四方に突き出すように花が咲き 花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石垣に咲く・・松葉菊(マツバギク)

名前は葉が松葉のように棒状で、花はキクに似た形の花を咲かせることから。 乾燥に強くやせ地でもよく育ち、横に這うように広がっていきます。 ツルナ科、原産地は南アフリカ、草丈は10~30センチで這うように広がります。 開花期は5~9月、花径は2~5センチで、花ビラの表面には光沢があります。 花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花壇に咲く・・ルドベキア・プレーリーサン

花名のルドベキアは、スウェーデン人植物学者のルドベックさんに因みます。プレーリーサンは、プレーリーは北米の大草原のことで「大草原の太陽」の意味です。 キク科ルドベキア属、原産地は北アメリカ、草丈は60~80センチ、 開花期は6~10月、花径は10~15センチ程で、筒状花は薄黄緑色をしており花弁は基部が橙色で先端が黄色の花を咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘリオプシス・・姫向日葵(ヒメヒマワリ)

名前のヘリオプシスは、ギリシャ語で太陽の花という意味です。和名は姫向日葵(ヒメヒマワリ)で、ヒマワリを一回り小さくした花を咲かせます。 キク科、原産地は北アメリカ、草丈は60~150センチ、 開花期は6~10月、花色は黄色で品種により濃淡があり花径は2~8センチ程で、一重や半八重咲きのものもあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草原に咲く・・露草(ツユクサ)

和名は朝露を受けて咲いた花が、昼にはしぼんでしまうことに由来します。ツユクサはアサガオなどと同様に、早朝咲いた花が午後にはしぼんでしまう一日花です。 ツユクサ科、各地の道端や畑・草原などに生育、草丈は20~30センチ、 主な開花期は6~9月、二つに折れた苞の間から、青色の花が次々と咲きます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空き地に咲く・・黄花コスモス(キバナコスモス)

花名は、コスモスの仲間で黄色の花をつけることに因みます。性質は丈夫で育てやすく、暑さにも強く次々と花を咲かせてくれます。 キク科コスモス属、原産地はメキシコ、草丈は30~100センチ、 開花期は6~11月、花茎の先端に、花径4~6センチ程の頭花を一輪つけます。花色はオレンジ色や黄色などがあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草原に咲く・・赤詰草(アカツメクサ)

花名は葉やピンク色の花が、白詰草(シロツメクサ)の花や草姿に似ていることから。原産地はヨーロッパで、明治時代に牧草として渡来した帰化植物です。 マメ科、各地の草地や道端・土手などに生育、草丈は30~60センチ、 主な開花期は4~8月、花色はピンクや紫色で、小さな蝶形の花が球状の花序をつくります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海岸に咲く・・蔓荊(ハマゴウ)

和名の浜香(ハマゴウ)は、葉を燃やして香煙を仏にささげたことから。 実を蔓荊子(マンケイシ)と呼び、鎮痛薬などに使用されます。 クマツヅラ科、海岸の砂地に群生、草丈は30~70センチ、 全体にユーカリの葉に似た芳香があります。 開花期は7~9月、枝先に円錐花序をつけ、芳香のある青紫色の花を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷の花・・蝦夷禅庭花(エゾゼンテイカ)

別名を蝦夷萱草(エゾカンゾウ)と呼び、葉は細長く弓型に曲がります。 朝開花し夕方にはしぼむ一日花です。 ユリ科、北海道の湿地や海岸の草原に自生、草丈は50~80センチ、 主な開花期は6~8月、茎先に橙色で先がわずかに反り返ったラッパ状の花をつけます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花壇に咲く・・チョコレートコスモス

名前は深みのある赤色の花が特徴で、甘い芳香を放つことから。 キク科、原産地はメキシコ、草丈は40~70センチ、 開花期は6~9月、ひょろりと伸びた花茎の先端に一輪の花を咲かせます。 花色は品種により色幅があり、赤みの強いものから黒に近いものまであります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野に咲く花・・蝦夷の狐薊(エゾノキツネアザミ)

和名は蝦夷に生える狐薊の意で、狐薊は薊に似ているがよく見ると異なり 狐に騙されたようだという意味です。 キク科、本州北部~北海道の荒地や道端に分布、草丈は50~180センチ、 開花期は8~10月、茎の上部でよく分枝し、枝先に直径1~2センチの 紅紫色の頭花を上向きにつけます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リリオペ・・藪蘭(ヤブラン)

名前は山野の薮に自生し、葉が蘭に似ていることから。 属名のリリオペは、ギリシャ神話に登場する泉のニンフ(妖精)の名に因みます。 ユリ科、山野の薄暗い藪の中に自生、草丈は20~50センチ、 開花期は8~10月、葉の間から花茎を伸ばし、小さな淡い紫色の花を穂状にたくさん咲かせます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏庭に咲く・・秋海棠(シュウカイドウ)

名前は中国名が秋海棠で、その音読みでシュウカイドウと名づけられた。 江戸時代に渡来した帰化植物で、日本庭園や山の中などに見られます。 シュウカイドウ科、原産地は中国・マレー、つるの長さ30~50センチ、 開花期は8~10月、葉のわきから紅色の花茎を伸ばし、淡紅色の花を咲かせます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜辺に咲く・・浜女郎花(ハマオミナエシ)

名前は浜辺に多く自生するオミナエシ科の植物⇒浜女郎花(ハマオミナエシ)に・・。 ハマオミナエシはオミナエシの葉に比べ、葉の切込みが浅いのが特徴です。 オミナエシ科、本州の日本海側の海岸に自生、草丈は20~50センチ、 開花期は7~9月、茎頂に黄色い小花を多数集散状につけます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里に咲く・・糊空木〝ライムライト”

ライムライトは咲き始めはクリーム色で、咲き進むにつれてライム色に変化します。 花木の少ない夏の時期に、遠目にも豪華で目立ちます。 アジサイ科、園芸品種、樹高は2~3メートル、 開花期は7~9月、白い小さな装飾花が集まって、20~30センチ程の 大きな花房をつくります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草原に咲く・・南蛮煙管(ナンバンギセル)

名前は姿を南蛮人の船員がくわえていた、マドロスパイプに見立てて・・。 ナンバンギセルは他の植物の根に寄生して、養分を取りながら生育します。 ハマウツボ科、ススキなどに寄生、草丈は10~20センチ、 開花期は8~10月、淡い紅紫色の花を一輪、うつむきかげんに咲かせます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休耕地に咲く・・トリトマ

昔の属名がトリトマだったので、現在でもこの名前で呼ばれています。 大型の植物なので、開放的な広い場所に植えると非常に見栄えがします。 ユリ(ススキノキ)科、原産地は熱帯・南アフリカ、草丈は60~180センチ、 開花期は6~10月、花茎を伸ばして上部に筒状の小さな花を 穂状にたくさんつけます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天使のトランペット・・エンジェルストランペット

名前は下にぶら下がる花の形から、天使のトランペット=エンジェルストランペットに・・。 毒草、それも結構強い。花も葉も全て絶対に口にしないでください。 ナス科、原産地は熱帯アメリカ、樹高は1~3メートル、 開花期は5~11月、大きなラッパ状の花がぶら下がる様に咲きます。 花色はオレンジ・黄・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湿原に咲く・・沢鵯(サワヒヨドリ)

和名はヒヨドリバナに似ていて、沢に多く生えることから。 湿地に生える多年草で、葉は対生し細く披針形で縁に浅い鋸葉があります。 キク科、日本各地の日当たりの良い湿地に生育、草丈は40~80センチ、 開花期は8~10月、茎の上部に散房状花序に、頭花を密につけます。 花は淡い紅紫色を帯びますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more