夏の花・・木槿(ムクゲ)

ハイビスカスや芙蓉の仲間で一日花ですが、夏中はずっと咲き続けます。

名前の木槿(ムクゲ)は、漢名の音読み「モクキン」が変化して「ムクゲ」に。



2016-07-08ムクゲ(1).png



アオイ科、原産地は中国・東南アジア、樹高は3~4メートル、



2016-07-08ムクげ(2).png



開花期は7~10月、花は朝咲いたらその日の夕方にしぼみます。

花色は白・濃紅・濃紫・青紫・ピンク色があり、一重咲き・八重咲きもあります。

忘れ草(ワスレグサ)・・藪萱草(ヤブカンゾウ)

名前は藪のような場所に生育する、萱草という意味です。

別名の忘れ草(ワスレグサ)は、美しい花を見ると憂さを忘れることから。

古い時代に中国から渡来し、万葉集の歌では忘れ草と呼ばれています。



2016-07-08ヤブカンゾウ(1).png



ユリ科、日本では野原や藪などに自生、草丈は80センチ程、



2016-07-08ヤブカンゾウ(2).png



開花期は7~8月、長く伸ばした花茎に、橙赤色の八重の花を数個つけます。