里に咲く・・小彼岸桜(コヒガンザクラ)

小彼岸桜は春の彼岸の頃に開花し、小高木であることから。

エドヒガンとマメザクラの種間交雑種とも、言われています。



2016-4-1コヒガンザクラ(1).png



バラ科、東北地方~四国・九州に分布、樹高は3~5メートル、



(2)2016-4-1コヒガンザクラ.png



開花期は3月下旬~4月、花は淡い紅色の5弁花で、蕾のときは鮮やかな紅色です。

スノーフレーク・・鈴蘭水仙(スズランズイセン)

英語名のスノーフレークは、「雪のかけら」の意味で真っ白な花姿から。

和名の鈴蘭水仙は、花がスズランのようで葉がスイセンに似ていることから。


2016-4-1スノーフレーク(1).png


ヒガンバナ科、原産地は中国ヨーロッパ、草丈は20~50センチ、


2016-4-1スノーフレーク(2).png


開花期は3~4月、スズランのようなベル形の花を下向きに咲かせます。


2016-4-1スノーフレーク(3).png


白い花弁の先端に緑色の斑点が入ります。