テーマ:日記

山野に咲く・・猩々袴(ショウジョウバカマ)

花を猩々(空想上の生き物)の顔に、放射状の葉っぱを袴に見立てたものです。 花の色が猩々の赤い髪や、緋色の袴の色に似ていることから・・諸説あります。 ユリ科、山地の谷沿いや湿った林野に自生、草丈は20~30センチ、 開花期は3~4月、花色は赤紫色が多く、花茎の先端に数輪の花を横向きにつけます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里に咲く・・チューリップ

学名のTulipaはペルシャ古語tulipan(頭巾)が語源で、花が頭巾に似ていることから。 子供が最初に描く花、最初に覚える歌として親しまれています。 ユリ科、原産地はトルコ~中央アジア、園芸品種、草丈は40~80センチ、 開花期は3~5月、花色は豊富で花弁は先端が丸いもの・尖ったもの・フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里に咲く・・更紗木蓮(サラサモクレン)

中国原産の柴木蓮(シモクレン)と白木蓮(ハクモクレン)の種間交雑種です。 早春新緑が芽生える前に、気品の漂う美しい花を一斉に咲かせます。 モクレン科モクレン属、原産地は中国、樹高は6~10メートル、 開花期は3~4月、花は白木蓮に似ていて丸みを帯びます。 花色はピンク色が多いですが、白花や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糸葉水仙(イトバスイセン)・・黄水仙(キズイセン)

黄水仙は細く丸い葉は直立し、イグサ状から糸葉水仙とも呼ばれます。強い香りがするので、匂い水仙(ニオイスイセン)とも言われています。 ヒガンバナ科、ヨーロッパ原産で江戸時代に渡来、草丈は20~40センチ、 開花期は3~4月、6枚の花ビラとカップ状の副花冠は鮮やかな黄色で 花を横向きに付けます
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里に咲く・・八重枝垂れ桜(ヤエシダレザクラ)

江戸彼岸(エドヒガン)の枝垂れ性の園芸品種で、八重咲きをする枝垂れ桜です。 桜の花言葉の「優美な女性」は、サクラのしとやかな美しさを女性に例えたものです。 バラ科サクラ属、本州~九州に分布、樹高は5~15メートル、 開花期は4月、花色は白か淡い紅色で小輪の八重咲きです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレープヒヤシンス・・ムスカリ

ムスカリはギリシャ語で麝香(ジャコウ)に因み、ある種の花が強い芳香を放つことから。 英名のグレープヒヤシンスは、花姿がブドウの房のように見えることから。 ユリ科、原産地は地中海沿岸~南西アジア、草丈は10~30センチ、 開花期は3~5月、壺形や長楕円形の花を、花茎にたくさん咲かせます。 花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湿地に咲く・・水芭蕉(ミズバショウ)

名前は葉の形が芭蕉に似ていて、水辺に生えることから。 根際から生える葉は、幅の狭い楕円形をしています。 サトイモ科、北海道~中部地方の山地の湿地に生育、草丈は30~80センチ、 開花期は4~7月、白いのは花ではなく仏炎苞で、花は中心部の黄色い部分についています
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭に咲く・・源平枝垂れ桃(ゲンペイシダレモモ)

名前は赤と白や斑入りの3色が、競い合うように咲く姿が 源平の合戦のようで、枝垂れ性があることから。 バラ科、原産地は中国で江戸時代に品種改良された園芸品種、樹高は1・5~3メートル、 開花期は3月下旬~4月、1本の木に紅色と白色・紅白の絞り模様の八重咲きの花を咲かせます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄連騙(オウレンダマシ)・・仙洞草(セントウソウ)

和名の由来は、仙人の住む洞に咲くという説や先頭を切って咲くという説があります。 別名の黄連騙(オウレンダマシ)は、葉が芹葉黄連(セリバオウレン)に似ていることから。 セリ科、北海道~九州の山野の林内や林縁などに生育、草丈は10~30センチ、 開花期は3~5月、花茎を伸ばして先端に複散形花序を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糸桜(イトザクラ)・・枝垂桜(シダレザクラ)

枝垂桜は枝が柳のように、垂れ下がって生えている桜の総称です。 別名の糸桜(イトザクラ)は、糸を垂らしたような花姿から。 バラ科サクラ属、本州~九州に分布、樹高は5~15メートル、 開花期は3月下旬~4月、花色は白色や淡い紅色で小輪の一重咲きです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源氏車(ゲンジグルマ)・・菊桃(キクモモ)

名前は花弁が細長く菊の花に似ていることから。 別名の源氏車(ゲンジグルマ)は、花の形が源氏車の紋に似ていることから。 バラ科、江戸時代に中国より渡来し改良された園芸品種、樹高は3~5メートル、 開花期は3月下旬~4月、濃い紅色の菊の花に似た八重咲きです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山に咲く桜・・江戸彼岸(エドヒガン)

和名は江戸で彼岸のころに咲くことから。 野生種の一つで寿命が長く、萼筒の形が丸い壺形なのが特徴です。 バラ科サクラ属、本州~九州の山地や平地に生育、樹高は10~25メートル、 開花期は3~4月、花色は淡い紅色で花ビラは5枚の小輪一重咲きです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山に咲く・・雪端椿(ユキバタツバキ)

雪端椿は多雪地帯に自生することから名付けられました。 日本には藪椿と雪椿が自生しますが、本種は中間的な存在となります。 ツバキ科、東北~北陸の日本海側の里山に自生、樹高は1~2メートル、 開花期は3~4月、枝先の葉脇に花径5~8センチ程の赤色の花を付けます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一番躑躅(イチバンツツジ)・・三葉躑躅(ミツバツツジ)

名前は開花後、枝先に菱形の3枚葉を出すことから。別名の一番躑躅(イチバンツツジ)は、開花時期が通常のツツジと比べ早いことから。常緑性のツツジよりも、一足先に上品な紅紫色の花を咲かせます。 ツツジ科、関東~近畿の雑木林に生育、樹高は1~3メートル、 開花期は3~4月、葉を出す前に鮮やかな紅紫色の花を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里に咲く・・源平桃(ゲンペイモモ)

源平桃は一本の木から、ピンク色と白色の花が咲きます。 一輪の花が白とピンクが、交じった絞り模様になる花もあります。 バラ科、園芸品種、樹高は3~5メートル、 開花期は3~4月、花色はピンク色や白色などで八重咲きです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小米花(コゴメバナ)・・雪柳(ユキヤナギ)

和名は細い枝に白い可愛らしい小花が、雪のように降り積もって見えることから。 別名の小米花(コゴメバナ)は、散った白い花ビラが米を撒いたように見えることから。 バラ科、原産地は日本・中国、樹高は1~2メートル、 開花期は3~4月、花色は純白で枝を埋めるほどびっしりと咲きます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雅桜(ミヤビザクラ)・・プリンセス雅(ミヤビ)

埼玉県浦和市で発見され、当時皇太子妃雅子様の御成婚記念に名付けられた桜です。 春の訪れを知らせる雅な花木で、記念樹やシンボルツリーとして植えられています。 バラ科、寒緋桜(緋寒桜)と多種の自然交配種、樹高は5~10メートル、 開花期は3~4月、花色は鮮やかな紅色で一重咲き、やや下向きに上品な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草原に咲く・・喇叭水仙(ラッパスイセン)

花名は内側の花被片が、ラッパのように突き出ている花姿から。 ラッパ水仙は、ラッパ状の副花冠が花弁の長さと同じか、それ以上のものを指します。 ヒガンバナ科、原産地はイベリア半島~フランス、草丈は20~40センチ、 開花期は3~4月、花は黄色~白色で、副花冠がラッパのように長くなります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里に咲く花桃・・関白(カンパク)

花桃は花を楽しむために品種改良された園芸品種です。 関白(カンパク)は白い花の代表的な品種で、早や咲きの八重です。 バラ科、園芸作出品種、樹高は3~5メートル、 開花期は3~4月、花は純白の八重咲きです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリムラ・マラコイデス・・化粧桜(ケショウザクラ)

属名のプリムラはラテン語のプリムス(最初の)の意味で、早春に花を咲かせることから。 和名の化粧桜は、葉裏や茎が白い粉をかぶったように見えることから。 サクラソウ科、原産地は中国、草丈は20~50センチ、 開花期は2~4月、花茎を伸ばして段状にたくさんの花をつけます。 花色はピンク・淡い紫・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里に咲く・・小彼岸桜(コヒガンザクラ)

小彼岸桜は春の彼岸の頃に開花し、小高木であることから。 エドヒガンとマメザクラの種間交雑種とも、言われています。 バラ科、東北地方~四国・九州に分布、樹高は3~5メートル、 開花期は3月下旬~4月、花は淡い紅色の5弁花で、蕾のときは鮮やかな紅色です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スノーフレーク・・鈴蘭水仙(スズランズイセン)

英語名のスノーフレークは、「雪のかけら」の意味で真っ白な花姿から。 和名の鈴蘭水仙は、花がスズランのようで葉がスイセンに似ていることから。 ヒガンバナ科、原産地は中国ヨーロッパ、草丈は20~50センチ、 開花期は3~4月、スズランのようなベル形の花を下向きに咲かせます。 白い花弁の先端に緑色の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬱金花(ウコンバナ)・・壇香梅(ダンコウバイ)

名前は花が梅に似ていて、材が壇香(ビャクダン)のように香ることから。 別名の鬱金花(ウコンバナ)は黄色の花姿から。 クスノキ科、関東~九州の林の中に生育、樹高は2~5メートル、 開花期は3~4月、葉に先立って芳香のある鮮やかな黄色の花をたくさんつけます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の七草・・繁縷(ハコベ)

繁縷は漢名で、茎に白い筋「縷(る)」があることから。 春の七草の一つで栄養価に富み食用に、炒った粉に塩を混ぜて歯磨き粉に用いられました。 ナデシコ科、田畑や畦道・道端・荒れ地などに分布、草丈は10~20センチ、 開花期は2~9月、茎のつけ根に、花ビラが深く二つに裂けた小さな白い5弁花をつけま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春に咲く・・菜の花(ナノハナ)

和名の菜の花の菜は食用を意味し、食用の花という意味です。菜の花は、アブラナやセイヨウアブラナの別名で、アブラナ科アブラナ属の植物も指します。春を代表する花の一つで、花を観賞するほか野菜として食用にもされます。 アブラナ科、原産地はヨーロッパ・東アジア、草丈は50~80センチ、 開花期は2~5月、茎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草原に咲く・・土筆(ツクシ)

漢字表記の土筆は、ツクシが土に刺した筆のような姿をしていることから。 ツクシとはトクサ科の植物スギナの胞子茎のことを指し、食用にもなります。 スギナは春にツクシを出して胞子を放出し、後に鮮やかな緑色の栄養茎を伸ばします。 トクサ科、各地の草原や田畑の畔などに生育、草丈は5~15センチ、 春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安行寒桜(アンギョウカンザクラ)・・大寒桜(オオカンザクラ)

大寒桜は寒桜よりも花がやや大きい(花径3センチ程)ことから。 別名の安行寒桜(アンギョウカンザクラ)は、発祥地である埼玉県の安行に因みます。 バラ科、寒緋桜と大島桜(あるいは山桜)の交雑種、樹高は5~10メートル、 開花期は3月下旬~4月、花色は薄紅色の一重の五弁花で、半開状でやや下向きに咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里に咲く・・白木蓮(ハクモクレン)

白木蓮はモクレンの仲間で、真っ白な花が春の訪れを告げる落葉高木です。 花が開くと上品な香りが漂い、見る人の心を和ませてくれます。 モクレン科モクレン属、古い時代に中国から渡来、樹高は5~15メートル、 開花期は3~4月、白い清楚な花で、花ビラの幅が広く厚みがあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山に咲く・・土佐水木(トサミズキ)

名前は土佐の蛇紋岩地帯が原産で、葉の形がミズキ科の樹木に似ていることから。 早春から明るい黄色い花を咲かせ、古くから庭木や盆栽・切り花として親しまれてきました。 マンサク科、高知県の固有種、樹高は1~4メートル、 開花期は3~4月、丸みのある黄白色の小花が連なり花序になって下垂します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生け垣の桜・・染井吉野(ソメイヨシノ)

江戸末期~明治初期に、染井村の植木職人が品種改良をして作出されました。 作出当初は吉野桜⇒染井村が起源⇒染井吉野と名付けられました。 バラ科、江戸彼岸桜と大島桜の交配種、樹高は10~15メートル、 開花期は3~5月、花色は淡いピンク色で3~4個の花が集まって咲きます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more