テーマ:はな

曼珠沙華(マンジュシャゲ)・・彼岸花(ヒガンバナ)

名前は秋の彼岸の頃に花を咲かせることから。 別名の曼珠沙華は、赤い花を指す梵語に由来します。 ヒガンバナ科、原産地は中国、草丈は30~60センチ、 開花期は9月、花茎を長く伸ばして、先端に数輪の花を放射状に咲かせます。 花色は赤色で細長く縁がよじれて大きく反り返ります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天蓋百合(テンガイユリ)・・鬼百合(オニユリ)

名前は花の色や形から、赤鬼を連想させることから。別名の天蓋百合(テンガイユリ)は、ぶら下がる花姿を仏具の天蓋に見立てた。 ユリ科、原産地は日本・中国、草丈は80~150センチ、 開花期は6~8月、花は径10センチ程で、花ビラはくるりと上に反り返り丸い形になります。花色はオレンジ色で褐色の斑点が全体に入ります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒトツバタゴ・・なんじゃもんじゃの木

自生地以外では誰も木の名前がわからず「何の木じゃ」⇒転じてナンジャモンジャになった。ヒトツバタゴは「一つ葉のタゴ」の意で、タゴは複葉に対し本種は単葉であることから。限られた地域に自生する落葉高木で、自生種は天然記念物に指定。 モクセイ科、本州中部・対馬に自生、樹高は5~8メートル、 開花期は5月、深く4つに裂けた白い花を木を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬花壇に咲く花・・キルタンサス

名前はギリシャ語のキルトス(曲がった)とアンサス(花)から、曲がった花という意味です。 夏型と冬型に分けられ、冬型は冬~春に開花します。 ヒガンバナ科、原産地は南アフリカ、草丈は20~50センチ、 開花期は1~3月、花は細長い筒状で、先端が開いた細いラッパ型になります。 花色はピン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郷愁を誘う・・烏瓜(カラスウリ)

名前は実の色が唐朱(朱墨)に似ていることから、唐朱瓜(カラスウリ)と呼ばれるように。 抜けるような青空に浮かぶ赤い実はどこか郷愁を誘い、遠い昔を思い出させてくれます。 ウリ科、本州から九州の林や藪の草木にからみつき生育、つるの長さ3~5メートル、 果実観賞は10~3月、実は楕円形のウリ状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山里に咲く・・寒木瓜(カンボケ)

和名の木瓜は果実が瓜に似ており、木になる瓜と呼ばれたことから。 寒木瓜は11~2月の寒い時期に、咲き始めるものを指します。 バラ科、原産地は中国、樹高は1~2メートル、 開花期は11~2月、晩秋から冬にかけて、鮮やかな緋色の花を咲かせます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬花壇に咲く・・アリッサム

別名のスイートアリッサムは、石鹸みたいな甘い香りがすることから。 寒さに強い頑健な植物で、小さな花を地面を這うように咲かせます。 アブラナ科、原産地は地中海北岸から西アジア、草丈は10~20センチ、 開花期は10~12月、花色は白・赤・紫・ピンク色などがあり細かい花を密につけます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季咲きの花・・ベゴニア・センパフローレンス

名前はフランス人のミシェル・ベゴン(アンテイル諸島の総督)の名に由来。 長期間花を咲かせ、花壇や寄せ植えなどに広く利用されています。 シュウカイドウ科、園芸品種、草丈は20~60センチ、 開花期は5~11月、花色は白・ピンク・赤色などがあり 花ビラの表面は光沢があり、みずみずしい雰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more